ロードベーカリーがURBAN LIFE METRO(アーバンライフメトロ)に掲載されました。

  • 特定商取引に関する表記
  • 個人情報保護方針
  • トップページ

メディア掲載

URBAN LIFE METRO(アーバンライフメトロ) feb.2009

掲載日 2009年2月
掲載されたパン
  • くるみパン
  • バターブレッド
  • 超ロングウインナ
  • ラボッシュ
掲載内容

【一日の始まりを告げる焼き立てのパン 】

東の空が白み始めた歯狩の午前6時、まだ交通量の少ない街道沿いに、甘く香ばしいパンの匂いが漂う。

やがてその魅惑的な匂いに吸い寄せられるように人が集まりだす。

仕事を終えたばかりのタクシー運転手、犬を連れた初老の男性、常連と思しきジョギング途中のランナー、出勤前のサラリーマン・・・。

早朝にもかかわらず、店内は昼時のように活気を帯び、地元の常連客でごった返す。

ロードベーカリー2代目店主の岡田康男さんに営業時間を早め、早朝営業に踏み切った理由をうかがった。その答えは単純明快なひと言。

「朝、地元の人たちに焼き立てのロールパンやデニッシュを食べてもらいたい」と思ったから。

朝6時にパンを焼き上げるには、前日の夕方から仕込みを開始し、未明から店に入って窯を温めなければならない。

だが、岡田さんはそんな苦労を口にしない。

おそらく岡田さんの頭の中には、近隣の人々が焼き立てのパンを待ちわびて、幸せそうに食べている姿しか思い浮かばないのだろう。

「パン作りはつねに勉強。先代の味を受け継ぎながら3代目の息子とともに新しい味に挑んでいきたい」と語る岡田さん。

一日の始まりを告げるのに、焼き立てのパンに勝るものはない。